人件費と土地代を下げれば、日本の状況はよくなると思うんだよね。byひろゆき

日本の商品がなぜ売れないのかというと、値段が高いからなんですよね。
家電製品でも、日本の商品の質はいいんですけど、そこそこの質で安い韓国製や台湾製が売れてるわけです。
んで、日本の商品がなぜ高いのかというと、「人件費が高い」、「土地の値段が高い」、という二つの問題が、商品の価格に反映されているせいだったりします。。


日本製品の値段が高いのは、人件費が高いからでも土地の値段が高いからでもない。為替が円高だからだ。円高だから、海外の輸入品の価格競争力が上がり、結果日本製品の物価が高く見えるのだ。

韓国製や台湾製に比べ過剰品質なことが日本製品の競争力を削いでいるわけでは断じて無い。そういう見方も可能だが、じゃあ日本製品の品質を落として、その分、価格を下げればデフレが収まるかっていうとそうでもない。というかトヨタのリコールを見れば分かるように、日本製品の品質は昔の基準からすれば、ありえないくらいもう低下している。にもかかわらず価格競争力で勝てないのは、日本円が強すぎて、為替で負けているからなのだ。

そもそも、こんだけ日本の競争力が失われた、と言われてるのにも関わらず、円高になっていること自体おかしいと思わないだろうか。リーマンショックでは、全世界の貨幣に対して日本円の価値が上がった。日本の国際競争力が落ちているのと言われているのにも関わらず、資産家は日本に逃げたのだ。これは何故か。長期トレンドとして、日本円が圧倒的に強いからである。日本円が資産を待避させるのに最適だと思われたのは、永続的に日本円が強い、と考えられたからである。

円高傾向は諸外国が自国の企業を守る為の、謀略のように私には思われる。つまり、日本企業の息の根が止まるまで、円高にして体力を奪う戦略なのだ。そんな謀略にも関わらず、日本企業のコスト改善能力は高く、いつまでも日本企業は生き続けている・・・。これは何を意味するか。日本企業は世界最強なのである。為替でどれだけ損をしても、コスト改善能力がそれを打ち消しているのだ。

とはいえ、日本国内の失業率が上がり、経済面で国民不安が広がっているのは事実だ。では、どうすればいいか。円高を逆に利用して海外をあっと言わせればいいのである。
[PR]
by shohey0229 | 2010-05-08 23:00 | 読書