カラマーゾフの兄弟1

カラマーゾフの兄弟1 (光文社古典新訳文庫)カラマーゾフの兄弟1 (光文社古典新訳文庫)
(2006/09/07)
ドストエフスキー

商品詳細を見る

半年くらい前に読み始めた「カラマーゾフの兄弟1」を今日ようやく読了。
時間かかりすぎw

外国文学だからか、ドストエフスキーだからか理由は分からないが、とにかく、この小説は台詞が異常に長い。
1ページ以上の台詞がざらにある。
しかも、話題がキリスト教や哲学的なことなので、消化するのに一呼吸要する。
日本の小説とかだと台詞文はページ稼ぎって感じだけど、この小説に限っては地の文の方が読みやすいくらいだった。

それから登場人物がとても多くて、第一巻とあって、それぞれの生い立ちに説明が入るから、頭で整理しきれなくなる。
これが読み終わるのに半年もかかった大きな理由。
半年かかったせいで、若干抜けた知識があるので、再読の必要がありそうですがw

しかし世界最高峰といわれるだけあって、ストーリーが深いです。
脇役としか思えない(実際脇役なんだけど)人物の心理描写や価値観までしっかり描いてて面白い。

登場人物は日本人の僕からすれば、かなり変な人たちばかりだ。
言動や行動が、大胆で自己主張が強く、予想の斜め上をいく。
台詞が長いからこういう印象を抱くのかも知れないが、登場人物によるストーリー展開の「振り回され感」が楽しい。

第2巻も楽しみです。
第1巻も十分面白かったけど、綿谷りさは「第2巻以降は面白すぎて一瞬でした!」みたいに言ってたので、すごく楽しみだ。
[PR]
by shohey0229 | 2008-03-23 23:36 | 読書