スタバではグランデを買え!

スタバではグランデを買え! ―価格と生活の経済学スタバではグランデを買え! ―価格と生活の経済学
(2007/09/14)
吉本 佳生

商品詳細を見る

内容
ペットボトルのお茶はスーパーで買うか、コンビニで買うかによってかなり値段が変わっている。何故か? これを考慮するには、目には見えない「取引コスト」を考慮する必要がある。「取引コスト」とは、大雑把に言えば、売り手や買い手のかける手間を言う。消費者は手間がかけたくないから、コンビニのお茶に高いお金を払うし、店も少量しか置けない店舗の面積上、値段を高くせざるを得ない。これは、取引コストが両者の間でバランスが取れていないと商売が成り立たないことを意味しており、商売の成功の原則とも見れる。他にもテレビや、デジカメ、携帯電話の料金体系、表題のスタバ、100円ショップ、医療費など、身近にある商品の値段がどのように決定されているかを論じることで経済の面白さを表している。

感想
良著。身近な商品の値段に着目することで、企業努力とか、店と消費者との駆け引きとかが見つけられるところが面白い。取引コストの概念が個人的には新鮮だった。そういうものがあることは理解できても、ここまで支配的に値段を決定する因子だったのかと。原価ってめちゃくちゃ小さいじゃん、って驚いた。この本を読んでて、経済学部の学生はこんな楽しいことを勉強できて幸せだなぁと思った。

薄型テレビが年々何故安くなるのかとか、携帯電話端末が1円で売られてるのかとかは知っていることだけど、経済学者が語ると面白いっすね。
[PR]
by shohey0229 | 2008-04-19 10:56 | 読書