編集者という病い

編集者という病い編集者という病い
(2007/02)
見城 徹

商品詳細を見る

・内容
編集者・見城徹の生き様が分かる本。見城徹は相手の深いところまで肉薄してアウトプットさせる。編集者も作家も共にボロボロになりながら、時代を象徴するような一冊の名作が完成する。また、幻冬社の経営者として、見城徹は大きなリスクを取ると言う。大手に対抗する為という面もあるが、安住を求めない彼の価値観がそうさせている。

・感想
大傑作。夢とか情熱がある人には、是非読んで欲しい名著。

「これだ」と思った作家には手痛いことを言って刺激する、という見城徹の考え方にゾクっと来た。多くの人に対して、相手との不和を恐れて、表面的なことしか言えない自分と対照的だった。しかし僕の浅いながらの人生経験上、厳しい言葉って、確かにその場では憎たらしいんだけど、後になって振り返ってみるとプラスになることが多い。そういう言葉が、自分の問題点への気づきや、人間としての成長のきっかけになった。自分も誰かを刺激できる人間になりたい。むしろ、そうでなければ、存在価値がないような気さえした。
[PR]
by shohey0229 | 2008-05-01 16:14 | 読書