レバレッジ英語勉強法

レバレッジ英語勉強法レバレッジ英語勉強法
(2008/04/04)
本田 直之

商品詳細を見る

・内容
3ヶ月で英語が話せるようになるレバレッジ英語勉強法の紹介。その特徴は、偏っていて不完全な英語学習であること。従来の英語学習は対象範囲が広すぎて、話せるまでに時間がかかりすぎるため、挫折してしまいがちだ。英語を話す対象を絞ることで、確実に成果を出すことを狙いとしている。また、発音なども不完全で良いと言う。というのは、グローバル化した世界で、完璧な発音で英語を話す人の方が少数派なのだ。そんな中で、無理して舌使いとかを覚えて、完璧に話そうとするのは無意味である。そして、アウトプットを意識したインプットを心がける必要がある。勉強したら勉強した分だけ成果物を出す。ビジネスパーソンが仕事でやっていることと同じである。成果が目に見える形で出れば、モチベーションの活性化に繋がる。

・感想
素直に革新的な英語勉強法だと思った。僕も今までいくつか勉強法を試してきたけど、それらには「英語を話せるようになる」根拠が曖昧だった気がする。そういう勉強法がまったく何の役にも立たなかったとは思わないが、レバレッジ勉強法の方が効果が早く、何より楽しそうだなと思った。
[PR]
by shohey0229 | 2008-05-02 11:38 | 読書