不機嫌な職場〜なぜ社員同士で協力できないのか

不機嫌な職場~なぜ社員同士で協力できないのか (講談社現代新書 1926)不機嫌な職場~なぜ社員同士で協力できないのか (講談社現代新書 1926)
(2008/01/18)
河合 太介、高橋 克徳 他

商品詳細を見る

・内容
職場雰囲気が昔と比べて悪くなったという話。その要因は、成果主義や経営の効率化。社員の一人一人が自分のことだけしか考えなくなってしまった今の状況を、どうすれば変えていけるかについて最後に述べられている。

・感想
タイトル通りの内容だな、と。会社の上長が講話で紹介してたから読んでみたものの、それほど驚く内容ではなかった。よく似た話を聞いていたから、新鮮味が無かったのかも知れない。既に時代遅れという感じかな。成果主義が崩壊した後、旧来の年功序列に戻るか、それとも成果主義に固執するのか。成果主義のまま行くのなら、社員同士の協力は必須ですねっていうのはもう常識だと思ってた。
挑発的なタイトルから、もう少し強いメッセージを期待していたんだけど、そうでもなかったのが残念。
[PR]
by shohey0229 | 2008-05-16 23:52 | 読書