パラダイス鎖国 忘れられた大国・日本

パラダイス鎖国 忘れられた大国・日本 (アスキー新書 54)パラダイス鎖国 忘れられた大国・日本 (アスキー新書 54)
(2008/03/10)
海部 美知

商品詳細を見る

・内容
外から見た日本と中から見た日本の矛盾について書かれている。国際標準規格からはずれ、国際競争力を失ってしまった日本。だけど、国内は危機感なく過ごせてしまう。その理由は、日本市場がそこそこ大きく、海外市場に出なくてもそこそこの売り上げが出せてしまうから。さらに日本人の持つ海外への憧れも年々色あせてしまい、海外進出を目標に頑張る企業も少なくなってきた。しかし、現状を維持するだけではジリ貧になるのは目に見えており、脱・鎖国に向けた取り組みが個人単位で必要である。

・感想
「フラット化する世界」で書かれていたグローバル化を日本に限定して書かれたようなものかな。「フラット化する世界」を読んでいて僕が感じたことが、そのまま書かれているような感覚だった。
[PR]
by shohey0229 | 2008-05-19 20:17 | 読書