日本のもの造り哲学

日本のもの造り哲学日本のもの造り哲学
(2004/06)
藤本 隆宏

商品詳細を見る

■内容

長年、製造業の現場を観察してきた著者が語る、日本の製造業の経営学。世界各国の製造業の強みと弱みを示し、現代においてはどういうビジネスが儲かっているのかを説く。その上で、日本の強みを活かした儲かる製造業を提案する。


■感想

良著。内容が濃く、かなり勉強になる。工場のオペレータとして働いている友人がいるので、プレゼントしようかと思っている。
[PR]
by shohey0229 | 2008-08-03 21:31 | 読書