仕事は楽しいかね?

仕事は楽しいかね?仕事は楽しいかね?
(2001/12)
デイル ドーテン

商品詳細を見る

■あらすじ

吹雪で飛行機が欠航になった空港でイライラしている主人公が、大富豪のおじいさん・マックスと出会う。主人公はマックスから成功の為の哲学を教授され、やり手のビジネスマンに目覚める。


■感想

最近話題になってたから、読んだけど、何か一回読んだなって思った。語られている哲学の骨子すら忘れていたから、初読と変わらないのだけど。

論旨は、「目的は持つな、試してみろ」っていうこと。数多く試みた人間だけが成功するという考え方だ。多くのビジネス本と言っていることが真逆だというのがユニークなポイント。どっちが正しいかなんて分からないけど、数多く試すこと自体が目的になったり、目的を持つこと自体が試みだったりするので、どちらが正しいかなんて捕らえ方のレベルの問題じゃん?っていう風にも思う。

なるほどなって思った考え方は、
望みうる最良のものは、手に入れたものを好きになることなんだよ
目的を達成して、それが嫌いになっていたら確かに意味がない。人間の幸せは人間関係だけでほぼ決まるものだし。目的を持つなら、周囲の人間とよりよい人間関係になれるような目的がいい。

やってみようと思ってることは3つのリスト作り。仕事上でやったミスを全部書き出したリスト、仕事に関する問題点を並べたリスト、そして仕事に関してやっているすべてのことを書き並べたリスト。こういうリストから新しい試みの為のアイデアは生まれるのだ。面白そうだなと思った。
[PR]
by shohey0229 | 2008-08-17 22:56 | 読書