自分の中に毒を持て

自分の中に毒を持て−岡本太郎
※システムエラーでamazonから書籍の情報を読み込めなくなった。

■内容&感想

芸術家・岡本太郎が人生について語っている。常識人を捨て、自分の内側から湧き出すものに忠実に生きろ、と。面白かったのが宗教に対する考え方。宗教といいつつ、現代人の生き方を言ってるのだけど。

宗教はとかくペシミスティックだ。死ななきゃ許してくれない。うまいものを食っちゃいけない、美人を見て色気をおこしちゃいけないなんて、1番いいものをみんな取り上げ、生命をいためたり、いやしめたり、生きるよろこびをすっかり抜いてしまってから、やっとよしという。


無難に安定を目指して生きることはつまらない。それには本当に同意。私は他人の人生にまでケチをつけることはしないけど。
[PR]
by shohey0229 | 2008-11-24 23:20 | 読書