死神の精度

死神の精度 (文春文庫)死神の精度 (文春文庫)
(2008/02/08)
伊坂 幸太郎

商品詳細を見る

■ストーリー&感想

死神が死神の仕事をする話。短編集。死神の仕事というのは、死神判定が出された相手に付きまとって死なせても良いかどうかを調査する仕事。「死神判定って何?」だとか「判断基準は何?」だとか深く考えない方が面白いです。

「グラスホッパー」を齧って、あまりの幼稚っぽさに伊坂の小説少し敬遠してたけど、先週の「チルドレン」といい、面白いな。この小説は描写がいちいち美しい。ディテールが素晴らしい小説は読み終わるととても気持ちいいような気がする。
[PR]
by shohey0229 | 2008-12-03 21:12 | 読書