やる気のスイッチ

やる気のスイッチ!やる気のスイッチ!
(2008/11/21)
山崎 拓巳

商品詳細を見る

■内容&感想

モチベーションが下がりきってしまったときに読む本。やる気を出すにはどうすればいいのか、について書かれている。詩のような、写真集のようなおしゃれな本だが、良いこと書いてる。丁度、やる気をなくしてたところだったので、買った。読んだ。

特に「ほおっ」と思ったのは、セルフイメージについて。憧れの人の輪に飛び込んで、セルフイメージを高めると、自分がそうじゃないことに対して居心地が悪くなり、自然とやる気が湧いてくるって書いてた。そういえば、最近憧れとか夢が自分の中で不明確になっていたな、と感じた。

「願ったことは叶う、言葉にすればより叶いやすい、書いて残せばさらに叶う」
どの成功本にも書いてあることなのだが、そういう希望を持ち続けていくことがなかなか難しかったりする。人間、楽な方へと流れていくものだから。逆に、こういうところが成功する人と平凡なまま生きていく人の分岐点なのかな、なんて思っている。
[PR]
by shohey0229 | 2008-12-21 10:13 | 読書