ドラッカー入門 決定版

もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら

岩崎 夏海 / ダイヤモンド社



公立高校野球部のマネージャーみなみは、ふとしたことでドラッカーの経営書『マネジメント』に出会います。はじめは難しさにとまどうのですが、野球部を強くするのにドラッカーが役立つことに気付きます。みなみと親友の夕紀、そして野球部の仲間たちが、ドラッカーの教えをもとに力を合わせて甲子園を目指す青春物語。家庭、学校、会社、NPO…ひとがあつまっているすべての組織で役立つ本。


ドラッカーの原著は、言葉遣いに独特の威厳があり、読むのが大変だった。ドラッカーの関連書も同様だ。
読んでるうちに、いつのまにか言葉が右から左に流れていき、読後、知識や感動が何も残らなかった。世間的には名著と言われているのだが、私にとっては金と時間の浪費になってた。

しかし、この本は他のドラッカー本とは一線を引く。小説を通してドラッカーの言葉を引用するという構成を取っている。だから、ドラッカーの言葉に具体性が帯びることはもちろんのこと、金言の密度が低くなり、ドラッカーの言葉の意味を考える時間が充分に与えられるのだ。原著では、抽象的な金言の連続で、感覚が麻痺し、いつしか流し読みになってしまったが、これならドラッカーが何を言ったのかを理解できた。

萌え系イラストなので、ラブコメ要素が少しあるかと思いきや、一切無かった。そこは少し期待ハズレだった。友人は「いや、萌え系イラストの方をなくすべきだよ」って言ってたけど。
[PR]
by shohey0229 | 2010-02-14 23:05 | 読書