<   2008年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

フラット化する世界 [増補改訂版] (下)フラット化する世界 [増補改訂版] (下)
(2008/01/19)
トーマス フリードマン

商品詳細を見る

■内容

第五部 あなたとフラット化する世界

大航海時代、ベルリンの壁崩壊など、以前に騒がれたグローバリゼーションは、欧米の文化を世界に広めるという独りよがりな向きがあった。しかし、今回のグローバリゼーション3.0は「ローカルのグローバル化」という大きな特徴がある。アップローディングは世界各国の個人が自分の周りにあるものを発信するものであって、アメリカ人も「うp主乙」と言う訳である。また、インターネット回線を介した共同作業環境により、インド人も外国に移住する必要がなくなり、アメリカだけに優秀な人材が集中することもなくなった。移住したとしても、ポッドキャスティングなどで、どこの国にいても自国の文化に触れ続けることもできる。欧米が主導権を握るグローバリゼーションではないのだ。もっと言えば、国が支配するのではなく、個人が参加して意味を持つグローバリゼーションなのである。

事実、グローバリゼーション3.0により社会活動家・社会企業家など個人の持つ能力が肥大化しており、大企業もその力を無視できなくなっている。身近な例でいうと「のまねこ」騒動かな。ウェブを利用して資本や人材を調達するのが簡単になったことが背景にある。泣き寝入りして愚痴を言う必要はない。実現しないのは、やろうとしないからだ。

このようにグローバリゼーション3.0は個人に大きな能力を授ける反面、悪い面もある。代表的な例はタクシー運転手との会話がなくなったこと。タクシーに乗ってノートPCやケータイで、遠くに離れた人とばかり会話して、目の前にいる人との結びつきが希薄になった。また、ケータイでいつ呼び出されるとも知れず、目の前のことに集中できなくなった。人間って一つのことに集中しているときが一番「俺って頭良いんだよな〜」と自覚できる瞬間なので、わずらわしさが多い時代は不幸だと言える。本書ではこれを「邪魔の時代」と呼んでいる。ネット上のプライバシー侵害とか個人が好き勝手にほざく批判は、人類が直面した新しいストレス源だしね。人間がみんな犬の嗅覚をどんなことになるだろう? 答えは目の前にあることに集中できなくなる、だ。ウェブのこうした悪い面を認識して、正しい活用を個人個人が模索しなければいけない。


■感想

ネット上では、雑多な意見が錯綜して何が正しいか分からなくなって、どんどん自信をなくしてしまう人が最近多いと感じている。

あらゆる意見には批判がつきものだと認識して、それでも自分の意見を持たなきゃいけないって大変なことだと思う。厚顔無恥になるしか方法はないのか、って考えると、欝になってた方がいいやって思うけど、そういう人って皮肉なことに誰の意見も聞かないもんなんだよな。否定的な考えばかり吸収したから、他人の考え方に対して批判がまず頭に浮かんでくるのだと思う。自分もそうだったな。

もうそういうタイプはネットを見なきゃいいんだって思っている。自分の頭で考えて結論を出せばいいのだ。顔も知らない他人の意見を鵜呑みにしちゃダメだと思う。
[PR]
by shohey0229 | 2008-09-15 22:51 | 読書
完全独習 統計学入門完全独習 統計学入門
(2006/09/29)
小島 寛之

商品詳細を見る

■内容

「確率・統計」ではなく「統計」に的を絞った本。基礎的な概念を工夫して分かりやすく説明している。統計って何の役に立つの?っていう疑問にも答えてくれるでしょう。


■感想

良著です。初めて学ぶ人でも統計学の基本的な概念とその重要性がしっかり身につく本と確信します。

統計ってあんまり知られていないけど、あらゆる分野に応用できるツールなのです。文系・理系問わず便利です。
統計だけじゃ世間に認められる資格にはならないかも知れないけど、ビジネスの現場では統計のセンスが常に要求されるといっても過言ではないと思います。

また、今持っているスキルとも関連付け易いことも特徴だと思う。「プログラミング+統計」、「マーケティング+統計」、「科学実験+統計」などなど、統計を加えれば、単純なスキルが奥深い強力な武器となることは間違いありません。

という訳で、この本よりもう一歩進んだ応用本を読んでみたいなと思ってます。具体的には、ファイナンスに的を絞った統計を勉強したい。
[PR]
by shohey0229 | 2008-09-15 21:29 | 読書
人たらしのブラック心理術 (だいわ文庫 B 113-1)人たらしのブラック心理術 (だいわ文庫 B 113-1)
(2008/09/10)
内藤 誼人

商品詳細を見る

■内容

他人に好かれる人になるにはどうすればいいか、っていうのを考えた本。筆者も言ってることだけど、ブラックではなく、他人を尊重すれば、好かれるに決まってるじゃん?ってことが書かれてる。心理学の引用が多いのが特色。

■感想

「統計でウソをつく法」っていう本を読んだこともあり、心理学ってウソばかりだと思った。実験誤差なんじゃないの?っていうことを絶対の法則のように扱われている向きがある。十人十色を扱うのだから、それだけ難しい学問なんだとは思うけどね。でも、僕はそういうごまかしみたいなのが見えちゃうと、全部信用できなくなるので、少しガッカリだった。

ただこの本にも面白いところがあった。【“データ”をとって、「人たらし」度をアップさせる】っていう章だ。毎日、相手のリアクションとかをデータとして保存して、自分を少しずつ変化させていきましょう、どんどん他人受けの良い人になりましょうっていう主旨だ。
人付き合いなんて十人十色で全体に効く特効薬などないのだ。それぞれが考え、あらゆる特別な事態に直面しながら、自分に合ったキャラクタを作りあげることが大事なのだ。マニュアル本なんか参考にならない。その中で、データを取って、自分像を作り上げることを薦める本書は、突き放しているようだけど、真理を突いている。
[PR]
by shohey0229 | 2008-09-15 10:33 | 読書
イノベーションのジレンマ―技術革新が巨大企業を滅ぼすとき (Harvard business school press)イノベーションのジレンマ―技術革新が巨大企業を滅ぼすとき (Harvard business school press)
(2001/07)
クレイトン・クリステンセン玉田 俊平太

商品詳細を見る

■内容

第一部 優良企業が失敗する理由

まず技術革新を2種類に分類している。1つ目は持続的イノベーションで、これは従来の価値観の中での技術革新である。例えば、ハードディスクの単位面積当たりの記録密度を高める技術がこれに含まれる。2つ目は、新しい価値観を生み出す技術革新で、破壊的イノベーションと呼ぶ。ハードディスクの例では、8インチディスクに対する3.5インチディスクが破壊的イノベーションだった。破壊的イノベーションは最初は小規模な市場だが、その中での技術革新により、メインの市場を侵食し、支配するようになる。

このように技術革新を2つに分類した上で、優良企業が特に破壊的イノベーションで9割以上の確率で失敗する理由を3点述べている。1点目は優良企業は主要顧客の要望を元に設計するという点である。これは裏を返せば、顧客の要望に無い価値の導入が難しい環境と言える。2点目は、大企業ほど、成長率を維持する為に、大きな市場を狙うため、破壊的イノベーションの市場に参入しにくいという点である。破壊的イノベーションの生み出す市場は短期的に見れば小さく、その為大企業は資本の配分を持続的イノベーションに傾斜しがちである。3点目は、大企業のコスト構造が従来の市場に最適化されているという点である。企業に蓄積されたノウハウが、破壊的イノベーションが生み出す新しい市場では逆に競争力を削ぐ要因となる。


■感想

良書。

新しいことをやって、世の中に認められたいならベンチャーでしか出来ないって思った。僕にとっては、市場規模がでかいか小さいかより、技術的に面白いかどうかの方がプライオリティが高かったりするので。でも今の企業では5年は技術を磨きたいと思っている。技術分野は変えないが、新しい商品企画で勝負したい気持ちが強い。
[PR]
by shohey0229 | 2008-09-04 22:11 | 読書