<   2010年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧

自分で作った料理がイマイチな7つの理由 by GIGAZINEより
1:レシピを見ずに調理を始める
2:鍋に食材を入れすぎる
3:フライパンを十分熱しないまま焼き始める
4:小さい鍋で麺類をゆでる
5:葉物の野菜をぬれたままいためる
6:乾物の代用を生の物で行う
7:十分に温度の上がっていない油を使う


2.はよくある。
食材を投入して、しゃもじで混ぜられない状況に陥ってから、気付く。

3, 4, 5, 7は実感がなかったけど参考になった。

私の場合、自分が作った料理がイマイチだったことはなくて、
むしろ「自分が作った」という事実が味覚を狂わせるのか、
料理が実体以上に美味しいと感じている。
[PR]
by shohey0229 | 2010-05-22 09:18 | 雑感


名曲だった。
PVがなんか楽しそうだし。

音楽って年を食うほど、許容範囲が広がってく気がする。
高校の頃は限られたアーティストしか聞かなかったのに、
今じゃ良いと思ったら、何度もリピートして聞いてる。
[PR]
by shohey0229 | 2010-05-21 22:19 | 雑感
日本は、世界中と取引があるわけですが、
「円を配って、円安にすればいい」という発言をする人は、
日本が世界中から嫌われて、お金を貸してくれなくてもいいと
思ってるんでしょうか。。。?
(http://www.asks.jp/users/hiro/69242.html)


また大勢がひろゆき意見に賛成するんだろうな、って思ってたら、
さすがに賛成意見は少数派で安心した。
いま、円高を歓迎するなどあり得ない。

思うに、日本人にとって、円高はバブル時代のプライドの残骸だと思う。
自分の国の貨幣に価値があるって言われれば悪い気はしないってことだろう。
でも、為替は実態経済を反映すべきかと。

また、同じ円をばら撒くのでも、海外での慈善活動に精を出す形にすれば、
同じ円安でもジャパンマネーに良いイメージがつくんじゃないだろうか。
[PR]
by shohey0229 | 2010-05-10 22:33 | 雑感
手間なしササっと早ごはん (ORANGE PAGE BOOKS)

オレンジページ
売り上げランキング: 145909


私が料理を作るようになったのはここ半年くらい。
それまで目玉焼きとかホットケーキとかしか作ったことがなかった。
興味はあったのだが、独身寮に入ってたので作る環境じゃなかったのだ。

この本は、そんな初心者でも作れる料理が並んでおり、結構便利だ。
タイトルどおり、あんまり手間なく作れるし、そこそこ美味しい。

まあ、正直なところ、私は、材料が足りなかったり準備不足だったりで、
この本のレシピ通り作ったことはないのだが。
そんな適当な改変でも美味しかったので、すぐれたレシピ集だったんだと思う。
[PR]
by shohey0229 | 2010-05-09 16:19 | 読書
日本の商品がなぜ売れないのかというと、値段が高いからなんですよね。
家電製品でも、日本の商品の質はいいんですけど、そこそこの質で安い韓国製や台湾製が売れてるわけです。
んで、日本の商品がなぜ高いのかというと、「人件費が高い」、「土地の値段が高い」、という二つの問題が、商品の価格に反映されているせいだったりします。。


日本製品の値段が高いのは、人件費が高いからでも土地の値段が高いからでもない。為替が円高だからだ。円高だから、海外の輸入品の価格競争力が上がり、結果日本製品の物価が高く見えるのだ。

韓国製や台湾製に比べ過剰品質なことが日本製品の競争力を削いでいるわけでは断じて無い。そういう見方も可能だが、じゃあ日本製品の品質を落として、その分、価格を下げればデフレが収まるかっていうとそうでもない。というかトヨタのリコールを見れば分かるように、日本製品の品質は昔の基準からすれば、ありえないくらいもう低下している。にもかかわらず価格競争力で勝てないのは、日本円が強すぎて、為替で負けているからなのだ。

そもそも、こんだけ日本の競争力が失われた、と言われてるのにも関わらず、円高になっていること自体おかしいと思わないだろうか。リーマンショックでは、全世界の貨幣に対して日本円の価値が上がった。日本の国際競争力が落ちているのと言われているのにも関わらず、資産家は日本に逃げたのだ。これは何故か。長期トレンドとして、日本円が圧倒的に強いからである。日本円が資産を待避させるのに最適だと思われたのは、永続的に日本円が強い、と考えられたからである。

円高傾向は諸外国が自国の企業を守る為の、謀略のように私には思われる。つまり、日本企業の息の根が止まるまで、円高にして体力を奪う戦略なのだ。そんな謀略にも関わらず、日本企業のコスト改善能力は高く、いつまでも日本企業は生き続けている・・・。これは何を意味するか。日本企業は世界最強なのである。為替でどれだけ損をしても、コスト改善能力がそれを打ち消しているのだ。

とはいえ、日本国内の失業率が上がり、経済面で国民不安が広がっているのは事実だ。では、どうすればいいか。円高を逆に利用して海外をあっと言わせればいいのである。
[PR]
by shohey0229 | 2010-05-08 23:00 | 読書
となりの億万長者―成功を生む7つの法則
トマス・J. スタンリー ウィリアム・D. ダンコ
早川書房
売り上げランキング: 1589


億万長者になるにはどうすればいいか? 
日々、倹約することである。

一般的に人々は収入を増やせば金持ちになれると思っているが、
本当のお金持ちは年収の多い人たちの中ではなく、支出の少ない人たちに多く見られる。
[PR]
by shohey0229 | 2010-05-08 16:28 | 読書
予想どおりに不合理―行動経済学が明かす「あなたがそれを選ぶわけ」
ダン アリエリー Dan Ariely
早川書房
売り上げランキング: 1794


普通の経済学では、人間は合理的であるという前提で論理が形成されているのだが、実際の人間の行動には不合理な点が多く、その欠陥を補う目的で、行動経済学が生まれた。本書は行動経済学の最新の成果がまとめられているものである。経済的には不合理だが、心情的に納得できてしまう行動事例が実験とともに紹介されている。興味深かった。
[PR]
by shohey0229 | 2010-05-05 04:53 | 読書