<   2010年 06月 ( 10 )   > この月の画像一覧

タイトル:小室淑恵の即効プレゼン術
おすすめ度:★★★★☆

プレゼンではシナリオがいかに重要かが説かれており、
良いシナリオ作りの為のノウハウが紹介されている。
本書で紹介されているツールはかなり強力で、
私自身プレゼン作成プロセスを劇的に改善することができた。
(98字)

小室淑恵の即効プレゼン術
小室 淑恵
学習研究社
売り上げランキング: 19975


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
日本にブログ文化を:にほんブログ村
[PR]
by shohey0229 | 2010-06-27 10:50 | 読書
タイトル:走ることについて語るときに僕の語ること
おすすめ度:★★☆☆☆

村上春樹のランナーとしての一面を描いたエッセー。
走っている最中の心理描写が上手く、ランナーなら必ず共感できるだろうと思う。
ただ私は彼の書く文章が好きじゃないので次点とさせていただきたい。
(93字)

走ることについて語るときに僕の語ること (文春文庫)
村上 春樹
文藝春秋
売り上げランキング: 309


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
[PR]
by shohey0229 | 2010-06-26 11:53 | 読書
タイトル:「会社」「勉強」「お金」「結婚」 20代、いまから備える「出口戦略」
おすすめ度:★★★★☆

仕事も資格勉強も資産運用も結婚も、
何となくで出来た時代は終わり、戦略が重要な時代になった。
この本の内容は誰もが人生のどこかで考える事柄なので、
著者の考え方を一つの答えとして知っておいて損はないと思う。
(100字)


[PR]
by shohey0229 | 2010-06-23 20:11 | 読書
タイトル:帰りたくない-少女沖縄連れ去り事件
おすすめ度:★★★★☆

ロリコンの中年男と、親からの愛情に飢えた少女を描いたドキュメンタリー。
ノンフィクションなのに、中盤にどんでん返しがあり驚かされた。
親に傷つけられ、ロリコンに食い物にされた少女がやるせなかった。
(96字)

帰りたくない―少女沖縄連れ去り事件 (新潮文庫)
河合 香織
新潮社
売り上げランキング: 9582


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
日本にブログ文化を:にほんブログ村
[PR]
by shohey0229 | 2010-06-20 09:14 | 読書
『100字書評 アマグモ』にお越しいただきありがとうございます。
当ブログは、本の内容を100字で紹介するブログです。

■100字の理念

一冊本を読むとあれやこれやと言いたいことはたくさん出てきます。
しかし、多くの人にとっては、書評なんて三行読むのが限界です。
ネットにはもっと面白いものがたくさんあり、書評を読んでいる場合ではないからです。

それなら書評ブログなんてものは需要の無いもの。
ブロガーの自己満足以外の何者でもありません。

しかし、私は、自分の読んだ本を誰かにも読んでもらいたいと思いました。
私自身、本を読んでいたからこそ、救われた経験が数多くあり、
同じことを多くの人に味わってもらいたいからです。

そこで、当ブログは100字で本の面白さを訴求することにしました。
100字なら読者の方々に多くの時間を取らせることなく、興味を持ってもらえると考えました。

当ブログがあなたの読書ライフに何らかのインパクトを与えることを願って。

当ブログの歴史

・2005年頃
  大学生の頃、日記系ブログを開始する。
  lコンセプトは違えど、この時からブログ活動が絶え間なく続いている。
  (ログ:不可解あってのユートピア

・2007年10月頃
  FC2に移転する。
  ここでも読書記録より日記がメインだった。
  大学生~社会人2年目までをFC2で過ごしました。
  (ログ:Reading Innovation >>>

・2010年1月頃
  ブログをExciteに移転。
  ウェブ技術の進展のおかげで、FC2のログをExciteにそのまま移転できました。
  読書メインにしようと思ったので、読書以外の記事は削除しました。

・2010年6月
  「100字書評」を開始.
[PR]
タイトル:ご飯を大盛りにするオバチャンの店は必ず繁盛する
おすすめ度:★★★★★

芸人としてだけでなく、飲食店経営でも成功している島田紳助がビジネスについて語っている。
お客さんや従業員の幸せを追求する経営者を成功の前提だと主張する。
本の構成は荒削りだが、胸が熱くなる内容だった。
(98字)


[PR]
by shohey0229 | 2010-06-19 14:39 | 読書
タイトル:強い者は生き残れない
おすすめ度:★★★☆☆

新しい進化論と言いつつ、ダーウィンの適者生存の原則を
拡大解釈しただけだとも思える内容。
しかし、普段、生物学と無縁の生活を送る私にとっては
本書で紹介される様々な生物の生態がとても面白く感じられた。
(97字)


[PR]
by shohey0229 | 2010-06-13 16:44 | 読書
タイトル:陽気なギャングが地球を回す
おすすめ度:★★☆☆☆

本作には4人組の強盗が登場し、そのうちの1人が裏切る。
だが、泥臭い感情論はなく、スマートに裏切り、何の衝突もなく元鞘に収まる。
ユーモアとストーリーが絶品なので読んでいて面白いが、ロマンに欠ける。
(97字)

陽気なギャングが地球を回す (祥伝社文庫)
伊坂 幸太郎
祥伝社
売り上げランキング: 3942

[PR]
by shohey0229 | 2010-06-12 17:47 | 読書
年収200万円からの貯金生活宣言
横山 光昭
ディスカヴァー・トゥエンティワン
売り上げランキング: 663


低収入からでも実践できる貯金について語られている。私自身もかなりこまめに家計簿をつけたりしており、貯金好きなので、著者の意見に共感できることが多かった。また、「クレジットカードは使わずVISAデビットカードを使う」など、蓄財のテクニックで参考になるものもあり良かった。

お金のことを考え始めようと思っている人は、まずお金ステージを考えることが大事だ。お金ステージとは、ステージ1:「お金を管理する」、ステージ2:「お金を学ぶ」、ステージ3:「お金を活かす」から成る。貯金生活を成功させるには、自分がまず、どこのお金ステージにいるかを把握する必要がある。要は、お金を管理もできていないのに、投資などでお金を活かすことなどできやしないのだ。そのような場合、投資益よりも、自分の浪費癖を直した方が得なことが多い。
[PR]
by shohey0229 | 2010-06-07 08:52 | 読書
"携帯厨これやろうずwwwwwwwww http://eeg.jp/Swt5 "

これは面白い!

ラムダチャットは見知らぬ人と一対一でチャットできるサービス。
一対一で、かつ対話相手がランダムで選ばれる、ってとこが画期的だ。
現状ケータイしか対応していないので、パケホ入っていない私はできないんだけど、
これ作った人天才だと思った。

思うに、これまでのチャットサービスは、ユーザーを非常に限定していた。

チャットの主流は多人数参加型だが、既にコミュニティが確立されているところが多く、
新らしく始めようとする人にとっては敷居が高いという問題があった。

ヤフーとか大手のチャットサービスだと、全員が初対面のようなチャット部屋がよくあり、
ネット友達がいない人によく利用されるのだけど、大人数を相手にしなければならず、
気楽にやり辛いと感じる。

が、「一対一」でチャットするにはそれなりのプロセスを踏んだ相手を用意する必要があり、
ネットでの友達がいない人間にとっては酷な話だ。

ラムダチャットの特長である「ランダム」・「一対一」はそれぞれ個別ではありふれたサービスだが、
二つを組み合わせることで、すごくしっくりきていると思う。
実装もそんなに難しくなかっただろうし。

今の所、登録不要でできるのもいい。
ただし、荒らしや、アダルト系のスパムが入ってくると、登録制になると思われる。
[PR]
by shohey0229 | 2010-06-05 12:45 | 雑感